温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

 Trackback: 0

まあ落ち着けよ、おんせん

―ここは、スナック「橋枝」のカウンター。

水割りを作りながらママが言う。
「でもさ、なくなっちゃうものはしょうがないんじゃないの?」


たしかに、これでホビコンとの食い合いになってしまう事は無くなった、と考えるべきなのかもしれない。
モノには終わりがある。
いつかは来るべき終わりだったのだ。


WHFは大好きなイベントだった。

俺も2000年のワンフェスリセット・クライシスでドルパやWHFへの参加を開始した、よくあるディーラーの一人だった。
2001年の春頃から2006年10月の横浜で途切れるまでの、WHFのほとんどのイベントに参加した事は俺の自慢だ。
途中、トラブルで荷物が届かなくて売り物が無かった回や、交通渋滞につかまってイベントが終わる頃に会場にようやくたどり着いた回があるけど、とにかくいつも俺は会場にいた。
最後の福岡にも最初の名古屋にも、大阪なんて最初から最後まで全部参加している。
神戸なんて、何度も行った。
俺様でこのイベントはもっている、なんて思い上がりは無かったけど、俺もまたWHFの砂浜を埋め尽くす砂の一粒なのだと、そう自負していた。


参加してきていろいろな事があったけど、一番印象深く残っているのは最初の大阪の回だ。
当時の俺はディーラー運営をかなりいいかげんにやっていた。
その時も時間ぎりぎりまで部屋でキットを生産して、行きしなに説明書と箱に貼るラベルをコピーして、売りながら箱詰めすればいいでしょ、なんて考えていた。

当時住んでいた名古屋から車で大阪に向かうのだけど、見積もりが甘かったり市内で迷ったりして、会場にたどり着いたのは開場の直前だった。
うちなんてそんなに有名じゃないし、大阪は初めてだからお客さんはそれほど来ないでしょう、なんて甘い事を考えていたけど、イベントが開始されるとうちにもたくさんお客さんが来てくださった!
しかし、準備がまだ出来ていない!!
結局大勢のお客さんを並ばせて待たせたまま準備をして、販売を開始するも先頭の数人で売り切れになってしまい、長時間待ってくださった大半のお客さんにはそのまま手ぶらでお引取りを願う事に・・
もう本当に申し訳なくて情けなくて、ディーラー運営への意識を切り替えさせられたイベントになった。
あの時ご迷惑をおかけした方々には本当に申し訳ない事をしました。
そして、見限らないでいてくれて本当にありがとうございます。



―ママがグラスを拭きながら言う。
「ところで、そろそろ看板なんだけど」
「ママ、もう一杯いいかな・・」
「もう帰れよ!」



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。