温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ガレキだいすき!   Tags: ---

 Trackback: 0

何でもかき混ぜる

模型を作る際、液状の材料を使う時はかき混ぜて使うと良い結果を生む事がある。


先日つや消し塗料について語ったけれど、つや消し塗料のつやを消す成分は分離してビンの底に沈殿している事が多い。
ビンを振ったぐらいでは混ざらないので、かくはん棒などでかき混ぜてやろう。
分離したまま使うとあまりつやが消えなかったり、さらにその残りを使うと今度はつや消しが効き過ぎてガビガビになってしまったりする。
通常の塗料も、顔料と溶剤が分離している事があるのでこれも混ぜる。
クリア系は見ても分からないけど、たぶん分離しているから混ぜる。


缶スプレーを使う時も、よく振って中身を混ぜてから使おう。
ついついクセでコーラや缶ビールも振ってしまいそうになる。

缶スプレーはこの季節、缶が冷えた状態で使用するとタレ易くなるから脇の下や股に挟むなりして人肌程度に暖めてやると良い。
ぬるま湯につけるのも良いだろう。
くれぐれも極端な暖めすぎには注意。
事故につながる事もある。


ガレキイベントに出る人はシリコンを使う事もあるだろう。
シリコンも使用前に一度、缶ごとかき混ぜたほうが良い。
底の方までしっかりかき混ぜてやろう。
たいてい透明な物質と分離して白い物質が沈殿しているのだが、缶の底にさらに粘度の高い物質が沈殿している事がある。
分離した状態で使用すると、硬化にやたら時間がかかったりするものだ。
出来れば、実際に硬化剤を混ぜて使用する数時間前に一度、缶ごと混ぜておくのが好ましい。
混ぜてから数時間寝かせておけば、混ぜた時に混入した空気が泡になって浮き上がって抜けるだろう。
しかし、どうせ硬化剤と混ぜる時にも空気は入ってしまうからほんの気休めといったところか・・



タミヤ クラフトツール 調色スティック (ITEM 74017) 【TAMIYA】タミヤ クラフトツール 調色スティック (ITEM 74017) 【TAMIYA】
()
不明

商品詳細を見る




SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。