温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

 Trackback: 0

俺のフジロック

CA390556.jpg

これはリストバンド交換の時に貰える場内の地図で、裏は全てのステージを網羅したタイムスケジュールのシートになっている。
折り方も工夫してありとても便利で、3日間ずっとポケットに入れて持ち歩いていた。


夜が更けてもフジロックはまだ続く。
プレイスオブワンダーの博多白天でラーメンを啜りクリスタルパレスのDJで踊るのも良いだろう。
苗場食堂のライブを見るのも良い。


くたくたになってキャンプサイトに帰って来て、入り口のケータリングでビールを一杯。
それからテントに潜り込むと、レッドマーキーやルーキーでズンドコやっているのがまだ聴こえてくる。
「おいおいマジかよ、もう夜中の3時だぜ?」
こんなところで寝られるかい!頼むぜ・・・
と思いつつ目を瞑ると、案外よく眠れてしまう。

そして翌日の朝、テントを叩く雨の音で目を覚ますのである。
これで天気が良いと、暑さで朝の6時には目が覚めてしまうそうなのだ。



俺はフジロックの3日間、ひたすら遊び、そして飲んだ。

話はわき道に逸れる。

俺がこの商売を始めた時はそれはものすごいプレッシャーがあり、仕事以外の事にはわき目も振らずやってきた。
また、この商売を始める前に勤めていた場末のブラック会社で俺はどん底の生活を知り、もう一日三食食えて雨風がしのげる屋根の付いた住処さえあれば他には何も要らないと思っていた。
無闇にストイックになっていた。

数年間、ほとんど人との関係を持たずに名古屋の公団団地の一室に潜みひたすら仕事に明け暮れていた俺は、表情を失った。
見ろよ、この表情筋の萎えきった能面のような顔を。

ニコンとフジロックのコラボでフジロックにやって来た人々の笑顔を撮ったサイトがあり、実はこれに俺も写っているのだ。
http://nikonnextxfujirock.jp/
このサイトの写真で、笑顔じゃないのは俺ぐらいである。
俺は写真を撮られる時などに、自発的に笑顔を作る事が出来ない。
笑顔を作れる人ってすごい、どうやったらそんなふうに出来るの?!と思うぐらいだ。

表情を失った俺はもはや、能面のように顔に出来た凹凸の陰影で表情を作るしかないのだ。


それともう1つ。
もう本当に馬鹿げていて笑っちゃう、恥しい話なのだけれど。
何故俺が十年以上もガレージキットイベントに注力をしてきたかというと・・・
それは彼女を作りたかったからなのだ。

知人の女の子に売り子を頼む。

キメキメな作品を作って持って行き、行列が出来るぐらいにお客さんが来てくれる。

その行列を見て俺のスゴさに気付き、売り子ちゃんは俺に惚れる。

という流れを期待して、俺は10年をこの作戦に賭けた。
こんなやり方では彼女は作れないのだと気が付いたのはつい最近の事だった。
(まあ、いろんなカワイイ女の子に売り子をやって貰えただけで俺は幸せだったけれど。)


俺はフジロックの熱狂の人ごみの中に、こういった過去の孤独や浅ましい自分、その他同業者への嫉妬ややっかみを置いてくるつもりでいた。
もはやポイ捨てである。
過去の自分をポイ捨て。

俺はフジロックを経験して以前とは違う、別の人間になれるつもりでいた。
果たして、それは果たされたのだろうか。



そんな熱狂的な日々も3日目。
3日目の夕方にはついに俺も力尽き、地面に座り込んでしまった。
もうダメ、もう限界です・・・

友人がオアシスの苗場食堂で飯を食っているそうなので、そこまで移動する事になった。
グリーンではケミカルブラザースが始まっていて、狂ったような盛り上がりの中を横切って歩く。
とてもついていけない・・・
俺の音楽やフジロックに対する情熱や執念もこの程度だったのかと、凹んでしまった。


苗場食堂で落ち着いて、美味い物を食って心地の良い音楽を聴いたら少し復活した。
苗場食堂は白飯とか味噌汁、けんちん汁などほっとするものが食えて良い。
しかし祭りもいよいよお終い。
日常に帰らなきゃ。

CA390523.jpg


帰りは現地で合流した友人の車に乗せて貰えることになった。
関越道は湯沢から所沢まで一本だから助かる。
助手席でウトウトしているうちにアパートについてしまった。
終わってしまうのはあっけない。


CA390555.jpg

憧れだった俺のフジロック。
またいつか、きっと行く。





SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。