温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: back in the saddle again   Tags: ---

 Trackback: 0

業!業!MANIAC

ウィキペディアのホンダ・NSRの項にはこんな記述がある。

「GAGやYSRはあくまで外見だけレーシングマシンの縮小版というパロディ指向であった。」

まったく、くだらない偏見だ。
たとえカブでも軽トラでも、サーキットでアツい走りをしたならばそれが本物のレーシングマシンだ。



俺はある日、ネットオークションにて中古のヤマハTZM50Rのフロントフォークとフロントホイールを手に入れた。

CA390193.jpg

往年のグランプリレーサー・YZR500を思わせる3本スポークのキャストホイールが最高にカッコいいじゃないか。
2ポッドのブレーキキャリパーはいかにも利きそうだし、30パイに強化されたインナーチューブが頼もしい。
足りないブレーキキャリパーやマスターシリンダ、ハンドルバーはTZMに乗っている友人がスペアパーツを分けてくれた。


しかしだ。
届いたパーツの程度の悪さに少々げんなり・・
出品者の方に恨みは無い。
中古パーツを扱うにはそれなりの覚悟が必要なのだ。

CA390358.jpg

フロントフォークから漂う、機械油が酸化したような匂い。
どうもこのフォークは、フォークオイルの代わりに機械油を入れて使っていたんじゃなかろうか。
ダストシールがありえないほどに劣化していた。
どのみちシール類は交換するつもりでいたけど、中のオイルを投棄した台所の廃油ボックスから立ち昇る油の匂いがしばらく俺を苦しめた。

ホイールは全日本仕様のOW98に倣い赤く塗装したくて白いのを探したけど、俺の予算ではペイントの剥げたものしか調達出来なかった。
これは・・ブレーキフルードでもこぼしたかな?

なお、このホイールにはある「罠」が仕掛けてあり、それが作業の最後に俺を苦しめる事になるのだった。




SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。