温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: back in the saddle again   Tags: ---

 Trackback: 0

いつか、よみがえる日2

今回は賃貸アパートの一室で板金塗装をやるバカの軌跡を追う。

CA390116.jpg

バラバラに分解されたフレーム。
空冷で構造がシンプルだから、簡単に分解出来た。

しかし、この後の下地処理がかなり大変だった。
錆をワイヤブラシやペーパーで落としたり、落としきれない部分は花咲かGで安定させたりした。

CA390121.jpg

PCデスクの天板を取り外して汚れないようマスキングすれば、ご機嫌な塗装スタンドの出来上がりだ。
脱脂してからミッチャクロン(プライマー)→プラサフ→しばらく放置して乾燥→塗料→クリヤーと進める。
塗料の相性などで生じるトラブルを避けるため、最初のミッチャクロン以外は全てウレタン系で塗った。

しかしここで問題発生。
ウレタン塗料のミストの毒性をなめていた俺は、無謀にも普通の衛生マスクで作業をして、かなり溶剤を吸い込んでしまう。
作業中は問題無かったのだけれど、作業後買い物に出掛けてスーパーのレジに並んでいる時、突然吐き気に襲われた。
更にその後丸一日、指先に鈍い麻痺のような感覚が・・

ウレタン塗料の吹き付けには防毒機能のあるマスクとゴーグルの装備が不可欠だと身をもって思い知った。

CA390122.jpg

ウレタン塗料の硬化剤の混合にははかりが必須だ。
最初にウレタンプラサフを使った時、ポリビーカーの目盛り読みでいい加減に混ぜたら、可使時間60分のところが20分で硬化が始まった。
「なんかブツが飛ぶなー」と思っていたら、カップの塗料がドロ~ンと・・
スプレーガンを分解清掃し、駅前のスーパーに電子はかりを買いに走るのだった。


そしてプラサフまで塗ったところで仕事が忙しくなり作業を進められず、風呂場を占拠したサフ吹き状態のフレームは一週間にわたり俺を苦しめるのだった。

CA390124.jpg

シルバーを吹いたフレーム。
俺のタミヤのおまけスプレーガン(現在は単品でも売っている)は十数年も使っているオンボロで、たまに機嫌の悪くなるのをどうにかして使う。
シルバーは垂れたところを研いてごまかしたり出来ないから、緊張して吹く。

シルバーの後にはクリアーをこってり吹いた。
ウレタンクリアーにはキシレンが入っているから、ガレージキットをキャストした時と同じにおいがする。
ガレキ者のトラウマを喚起する、あのにおいだ・・


次回へ続く。




SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。