温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ガレキだいすき!   Tags: ---

 Trackback: 0

千尋の製作その7

フィギュアに色を塗る前に、まず下塗りをする。
俺はタミヤの「ファインサーフェイサー(ホワイト)」と肌色の部分に限り東邦化研の「エンジンカラー」のクリヤーで下塗りをしている。

どうせ他の色で塗ってしまうのに、何故わざわざその下に色を塗るのか。
それは模型用の塗料とガレージキットの素材であるレジンキャストに理由がある。
一般の模型用塗料(ここではラッカー塗料)はプラモデルの塗装を前提に開発されているものであって、レジンキャストに塗るといまいち食いつきが良くないのだ。
(それでも下塗りなしでいきなりガレージキットを塗ってしまう上手い人もいるのだけれど、そういうスーパーテクニックはひとまずここでは割愛します)
一応、塗装をすることは出来るのだが定着が悪く、マスキングテープを使った時にはがしたテープと一緒に塗膜もはがれてくる事がある。
そこでサーフェイサーの出番だ。
元来サーフェイサーというものはペーパーの磨きキズなど細かいキズを埋めて表面を平滑に見えるように作用するものなのだけど、このサーフェイサーには「プライマー」という成分も入っていて、こいつがレジンキャスト地に食い付いてくれる。
その上からラッカー塗料を塗っても安心して塗装作業が行えるというわけだ。
上に書いたエンジンカラーのクリヤーもだいたいそんな感じの作用をする。
俺はこの塗料の特性を肌色の表現に使っている。
そのあたりは以前このブログに書いているので興味のある方は参照していただきたい。


ちなみに、
このブログはガレージキットの製作法について断定的に語っているけれど、これはあくまでうちでのやり方を語ったもので「こういうふうに作りなさい」と指図する意図は無いです。
あくまで参考にとどめていただけると幸いです。




SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。