温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: ガレキだいすき!   Tags: ---

 Trackback: 0

千尋の製作その6

最近はすっかり寒くなってしまい、今年は夏から秋を飛ばしていきなり冬になってしまったような感じだ。

環境温度が低いとスプレーやエアブラシでの吹きつけが難しくなる。
塗料の溶剤の揮発が遅くなり、伸びすぎてタレやすくなるからだ。
スプレーブースを使っていなかった頃は窓を開けて外に向かって吹いていたが、気温の低い時期はこれだとたまにタレさせてしまうことがあった。
スプレーブースを使うようになってからは窓を少し開けて隙間から排気ホースを出していたが、これでも窓の隙間から外の冷気が吹き込んで室温が下がってしまう。

で、考えたのがこれだ。
CA390024.jpg

ホームセンターで発泡スチロールの板を買い、20センチぐらいの幅に切って下のほうに排気ホースを差し込む穴を開け、サッシの隙間に挟みこんでいる。
これでスプレーブース使用中の室温の低下がかなり防げる。
タミヤのブースの場合は、ホースの先を発砲スチロール板にグリグリ押し付ければちょうど良い穴が開くはずだ。



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索