温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ガレキだいすき!   Tags: ---

 Trackback: 0

真空でポン

先日のワンフェスカフェでの講義に触発された真空脱泡初心者の俺が、それについて知りうる事を語りたい。

 CA390872.jpg


かく言う俺も真空脱泡機の導入にはかなりの及び腰だった。
某ホームセンターにて十万円前後で販売されている真空ポンプとデシケーター(真空槽)のセットはウレタンレジンの成型に使えるほどの性能ではないという話は聞いていた。
十万円をコストを投じてもこれである。
ウレタンレジンの成型に使えるほどの設備を揃えるにはいったいどれだけの金額が必要なのか。

自ら真空ポンプを入手、デシケーターを製作し真空脱泡に挑んだ先輩もいた。
しかしそれはどの様な性能のポンプが必要なのか、どの部分にどれ程の強度が必要なのかまったく分からない手探り状態の挑戦だった。
高価なポンプを購入してもそのポンプの性能が用途に足りなかったり。

特に、真空槽部分の強度不足による圧壊は危険な事故に繋がりかねない。
我々は深度100キロメートルにも及ぶ大気の底にいる。
高い真空度に達した真空槽を強力な大気圧が押し潰そうとする。
ドラム缶の中の空気を水蒸気で追い出してから蓋をして、大気圧でクシャッと潰す実験をご存知だろう。
あれと同じ事が起こる。
俺が聞いた話では、自作した真空槽の蓋にしていた10ミリのアクリル板が吹き飛んだとか・・・
(俺は真空脱泡機を入手した時に、蓋に30ミリ以上のアクリル板を用意するよう言われた)

なんて恐ろしいんだ、真空脱泡!



CA390644.jpg

真空ポンプを調達するにはどうしたら良いか。

新品を数万円で調達できる程度のポンプではパワーが足らない。
あれはエアコンを設置する工事での配管の真空引きなどに使用するポンプなのだという。
ウレタンレジンが硬化を開始する数秒間の間に、レギュラーサイズのフィギュアのシリコン型が入る容積の真空槽を高い真空度に持ってゆける性能のポンプが必要だ。
それの代金は、俺もそれほど詳しい訳ではないので具体的な価格の明示は避けるが十数万円程度だろうか。
ガチャサイズ程度のサイズの型であればもう少し下のポンプで良いかもしれない。


中古のポンプを使用するにはリスクが伴う。
オーバーホールされたポンプにありつく事が出来れば問題ないのだが、そうではない中古品を使用するならオーバーホールが前提だろう。
ポンプを調達する前に、そのポンプをオーバーホールする事が可能なのか確認する必要があるだろう。
メーカーに送るのか、専門の業者に送るのか・・・

また、工場などで使用されていたであろう中古ポンプは単相200Vや三相のモーターを積んでいる事がある。
その電源があるならいざ知らず、これを一般の住宅で使える単相100Vのモーターに乗せ換え・・・



ハードルは高い。
こういった高いハードルを越えてゆくのがオタかも知れないが。

自分が自作した真空脱泡機のレポートをウェブに上げている先輩方がいる。
そういう情報を参考にするのも手だろう。

幸い、俺は友人の伝で真空脱泡機を入手する事が出来た。

次回は真空脱泡機の威力について語りたい。






スポンサーサイト

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。