温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

 Trackback: 0

おたく、ロードバイクに乗る。

レフティがカッコいい、俺のキャノンデール・F3(2010)。
とてもよく走る。
’90年代のマウンテンバイクしか知らなかった俺には隔世の感がある。

CA390751.jpg


昔話をしよう。

少年がアルバイトで貯めた8万円を握り締め、街の自転車店にやってきた。
ミヤタのロードレーサーを注文したのだ。
ポップでサイケなグラフィックがイケていた。

しかし、おりしも当時はマウンテンバイクブームの真っ只中。
反面ロードレーサーの生産数は少なかった。
少年は3ヶ月待ったけれどついにロードレーサーは入荷せず、諦めてマウンテンバイクを買ったのだった。


少年というのは他でもない、当時17歳の温泉天国だ。
思えばあれが人生の分かれ道だった。
すっかりマウンテンバイクに魅了されてしまった俺はその後もマウンテンバイクに乗り続けた。

1台だけ、マウンテンバイク以外の自転車を買った事がある。
650Cのトライアスロンバイクだ。
トライアスロンをする訳ではなく、DHバーがカッコいいからという理由で乗っていたのだ。
しかしデュアルコントロールレバーではなくDHバーの先のグリップシフトで変速をしなくてはならなかったから乗り難かったし、頻繁にパンクをした事がありトラウマからあまり乗ってあげられなかった。

やはり自転車は用途に合った物に乗るのが一番だ。



時は流れ、再び走り始めた俺。
ロードレーサーってどうなんだろう。
あんなクールなマシンで颯爽と流せば最高の気分だろう。
そんな折、自転車店の壁に飾られたキャノンデール・スーパーシックスHI-MODのフレームセットが目にとまった。
リクイガスカラーにペイントされたそれは2010年モデルの在庫品で、大特価のプライスタグが貼られていた。

こいつを、俺のものにしてやるぜ・・・!

それが良い感じに生活のモットーとして機能し、俺はいくばくかの金を貯める事ができた。
そこにある日、衝撃の事実が告げられる。

「あれは48サイズだから、キミには小さいよ。」

「えっ? えっ?! シートポストやステムで帳尻を合わせれば・・・」

「無理だね。 キミの身長なら50サイズは必要だろう。」

「じゃあ、もう一本の赤×黒のHI-MODは?!」

「あれも48サイズ。」


自転車屋は非情にも言い放った。

俺は突然、生活のモットーを失ってしまった。



次回に続く。






スポンサーサイト

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。