温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: back in the saddle again   Tags: ---

 Trackback: 0

いつか、よみがえる日 3

そりゃあYSRなんかより、NSRのほうが速いだろう。
バカな事をやってるなと自分でも思う。
確かに馬鹿げている、だけど間違ってはいないと思うんだ。

今回は、賃貸アパートでのガレージワークの限界に挑む。

CA390117.jpg

タンクは塗装がかなり傷んでいて、フランジ部には錆もまわっていた。
画像左下の黒い傷は尖った何かがぶつかった傷で、数ミリへこんでいた。

塗装を全て剥離して一から塗装し直すのだけど、これがものすごく大変だった。
へこみも「パテで埋めれば良いんじゃない?」ぐらいに思っていたけどこの「埋める」が難しいのだ。
なんとも文章には表しにくい難しさなのだけれど。

剥離剤はその威力からそうとう危険な代物である事は予感していて、なるべく触れないようにしていたのだけれど、作業中につい面倒になり剥離剤のベッタリついたタンクを素手でつかんで作業してしまう。
その後、水で手を洗おうとしたら手のひらに激痛!
傷も何も無いのに、水がしみるような痛みが・・
さらにその後、指先の皮膚がガサガサに荒れてしまい、治るのに一週間ぐらい掛かった。

みんな、剥離剤で作業する時は耐溶剤性のある手袋を使おう!

CA390127.jpg

おまけスプレーガンの吐出量ではウレタン塗料の吹きつけは難しい。
感覚としてはハケで塗るべきところを丸筆でペタペタやっている感じだ。
タンクのように平坦かつ広い面積を塗ると、どうしてもザラってしまう。
シンナーでゆるくしたら今度はタレるし・・
仕方ないから、ザラザラになった部分をペーパーで研いでは重ね塗りする。
サフ→研ぐ→白→研ぐ→赤→研ぐ→クリア→研ぐ・・

白は最初、缶からそのまま塗れば良いんじゃない?ぐらいに思っていたけど、缶出しの白とカウルの白の色味があまりに違う事に気が付いて、慌てて調色用の黒と黄色を調達。
それぞれ40ccづつ買ったけど、使ったのは黒を10滴・黄色にいたってはたったの3滴・・

CA390130.jpg

電動ドリルに研磨用のディスクをかませてコンパウンドで磨き上げた。
コンパウンドはフィニッシャーズのファインとミクロ。
1500番で水研ぎしてからウールのディスクでファイン、スポンジのディスクでミクロで仕上げた。
MAX MOTO MODELINGさんのMODELER GPに出品したくなるぐらいピカピカに・・

CA390033.jpg

タンクを磨く要領でカウルや白く濁ったスクリーンも磨いた。
スクリーンはペーパーを使わずにいきなりコンパウンドから。
ほかの車種では分らないけど、YSRだと透明度が復活する。

タンクを塗ったところで、また原型とイベントの運営で作業をしばらく中断。
今度はタンクとフレームが風呂場を占領・・

CA390135.jpg

ようやく作業を再開。
待ちに待った組み立てだ。

この日に合わせて、YSPにて細かいショートパーツを調達しておいた。
特殊な形状のネジなど、純正部品を使っておけば安心だ。
この辺、汎用品でテキトウにやると思わぬトラブルを招いたりする。
所沢のYSPは数百円の部品を買いに来た俺にコーヒーを出してくれる。
正直、申し訳ない・・

CA390143.jpg

YSRには車格の割りに大型車のように立派なステップが付いていて、ハングオンするとそれが路面に擦ると聞いたから、ステップをRSの物に交換した。
友人に頼んで中古のステッププレートのステー部分を切り飛ばしてもらい、8ミリの穴を開けてRSのステップを取り付ければお手軽レーシングステップの出来上がりだ。
まあ、これでも擦るだろうけど・・

CA390147.jpg

夢中になって組み立てる。
このあたりは楽しくてしようがなかった。
分解を始めてから2ヶ月、バラバラだったYSRがバイクの体を取り戻してゆく。


次回、ついに完成。




スポンサーサイト

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。