温泉天国の戦闘

このblogはフィクションです。

Category: イベント   Tags: ---

 Trackback: 1

厳しすぎるぜ、名古屋

nayu001


WHF名古屋は俺たちにとって厳しすぎる結末になった。

ワンフェスが終わってから製作途上だった名雪の原型を仕上げ、明穂の完成品を塗りつつ名雪のテストショットを待ち、当日の明け方に2つのフィギュアの顔を同時に塗るという発狂必至の修羅場をかいくぐり、西武新宿→西武池袋→丸の内線の奇跡のようなリレーに送られて東京駅で新幹線に飛び乗り、名駅から会場へは時間が惜しかったので無い金はたいてタクシーで乗り付けた。
そして、会場で待っていたものは「申し訳ございません汗」と頭を下げる主催者のような人と、何らかの不都合につき持ち込んだガレージキット一切の販売不可という過酷なものだった。
なぜそうなったのかは、もはや参ってしまって細かく尋ねる気にもなれなかった。

俺の3月1日から21日は映画「Uボート」のような調子だった。

それは俺だけではなくて、周りにも同じような目に遭っている仲間たちが大勢いた。

あの日のことはなるべく考えないようにしているけど、たまに思い出して眠れなくなったりする。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

おんせんさん

Author:おんせんさん



温泉天国には二種類ある。
それは
よく訓練された温泉天国と
そうではない温泉天国だ。


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索